悩み

【銀行員を辞めたい人必見】辞めたい理由7選!転職は可能か?

銀行員を続けていると、日々起きる様々なことから、『辞めたい、、もう絶対辞めてやる!』と思ったことはありませんか?

ただ実際に思ってはいても『何だかんだ安定しているしな。』など思って、中々行動出来ずに日々もやもや仕事を続けている人も多いはずです。

私自身、約5年間勤務して決断するまでには相当時間がかかりました。

多くの銀行員がなぜ辞めたいと思うのか、スキルがなくても転職できるのか、5年目女性銀行員が検証していきます。





銀行員を辞めたい理由とは?

ノルマがきつい

一般職でも窓口でクレジットカードや投資信託、保険など様々なものをセールスするためノルマがあります。

総合職になれば、それらに加え融資や住宅ローンなど更に多くの項目で目標をはられます。

毎日の朝礼やメールでノルマの進捗状況は支店みんなに共有されるため、未達の場合はとても居心地が悪くなります。

数字だけをみている上司も多く、未達だとものすごい勢いで詰められます。

達成してても、支店のために更に取るよう詰められますが(笑)

そのため『お客さんのためにこれを提案しよう!』から、『このノルマ達成のためにこのお客さんにはこれをやってもらおう!』という発想に陥ることは、よくあることです。

“お客さんが自分のせいで損してしまうかもしれない。これでいいのか?”と悩み、ストレスの限界を迎える銀行員が大勢います。

 

厳しい出世レース

銀行は原点方式です。

そのため一回でも何かやらかしてしまったり、この人は仕事が出来ないとレッテルを貼られてしまうとそれを挽回することは出来ず、出世レースから外れてしまいます。

まだ異動の時期ではない時に、誰もが左遷だと分かるような部署に送り込まれた人を何人みてきたことか(笑)

ミスしてはいけないと思いながら仕事をしないといけないなんて・・・

これが正しい労働環境なのでしょうか?

 

銀行独特の習慣

  1. 有給を取った翌日の朝には、支店全員に『昨日はお休みありがとうございました。』と言い周ります。それに加え、朝礼でも同じことをもう一度発言します。研修に参加した時なども同様のことが起こります。
  2. 長期休暇明けには、遠出をしていなくてもお土産を皆に配布しなければなりません。
  3. 人事異動の多い銀行では、人事異動が発令すると毎日飲み会が開催されます。基本的に断ることは出来ません。
  4. 飲み会では新人だからと言って一発芸をやらされたり、新人でなく役付者になっても体を張る機会は沢山用意されています。
  5. 異動する時には、若手が全員前でエールをきる。また新人研修で練習させられる。

などなど、例を挙げればキリがないくらいくだらないことが出てきます。

 

くせのある人が多い

いい人も多いですが、それ以上にくせの強い人が多いのも忘れてはいけません。

人間関係で悩んで苦しんで、出社できなくなりドロップアウトしていく銀行員って本当に多いです。

そんな人に限って、真面目で心優しい人ばかりです。

数字を詰めてくる上司もそうですが、長年勤務しているパートのおばさんたちはくせがある人がとにかく多いです。

そんな人たちが辞めていってくれればいいのですが、現実では逆のことしか起きません。

自ずと曲者も比率が高くなります。

 

間違えられないプレッシャー

お金を扱っている以上、間違ってはいけないというプレッシャーが半端ないです。

その上、煩雑で分かりづらく、しょっちゅう変わる事務手続き。

ミスをしたら支店の評価にも影響を与えてしまうため、全員の前で謝罪し、その後紙で反省文と共に回覧もしないといけない羽目になります。

 

とにかく多い無駄

会議のための会議のための会議や、何をするにも付きまとうチェック表などとにかく生産性のないことがやっっってほどあります。

そしてそんな生産性のないことを考えるのが好きな人も年次が上の人には多い気がします。

そのくせ早帰りは推進してくるという、矛盾しかないです。

 

将来性がない

長らく続くマイナス金利や、少子高齢化、異業種の参入など、銀行を取り巻く経営状況ってとても厳しい状況におかれています。

更にAIの導入などが進むにつれ、人員削減が今後されていくのは確実でしょう。

給料が上がらないのも、当然ですね。

 

辞める?辞めない?

ここまで読んで頂き、銀行員であれば誰でも納得できる項目が多数あったと思います。

『やっぱり銀行員なんて嫌だ!でも、銀行でしか使えるスキルがないし・・やっぱり・・』なんて思ってませんか?

諦めるのはまだ早いです!

 

スキルがなくても転職できる!

これは私が実際に某大手転職エージェントに話を聞きに行った際に教えて頂いたことですが、“銀行員としてもスキルしかなくても転職は可能”だそうです!

銀行員は、真面目で事務手続きが正確で速い、お客様対応も任せられるというイメージから、市場価値が高いそうです。

特にあなたがまだ20代であれば、他業種にも挑戦出来ます。

最初は年収が少し下がるかもしれませんが、生涯年収で考えれば銀行で働き続けるよりはるかに稼げる企業も多くあります。

このまま閉鎖的な銀行にいたいですか?

今すぐ転職サイトに登録しましょう!





まとめ

銀行員ってやっぱり特殊な環境で働いていることがお分かり頂けたかと思います。

銀行員を続けていくのも一つの選択肢ではありますが、

もし辞めたいと少しでも思っている方は思い切ってまずは転職サイトに登録してみてください。

銀行以外でもあなたが活躍できる会社は絶対にあります。

若ければ若いほど、選択の幅も広がります。

この記事が銀行員を辞めたい人の後押しに少しでもなれれば嬉しいです。