話題

ブライトホルン登山の難易度、リスクや事故は?土屋太鳳は登山経験者?

 

8月24日(土)に、24時間テレビ放送の中で、潜在性二分脊椎症と戦う北海道札幌市の須貝蒼太くん(11歳)と、土屋太鳳によるスイス・アルプス登山の挑戦がスタートしました!

スイスアルプス山脈って聞くと、なんだかとても登山するのが難しそうな感じがしませんか?

ブライトホルンってどんな山?初心者でも登れるのか?難易度などを調査してみました!





ブライトホルンって?難易度は?

ブライトホルン(ドイツ語: Breithorn、大きい山の意)は、スイスとイタリアの国境にあるペンニネアルプス山脈の山。

標高4164m。

マッターホルンとモンテローザのおよそ中間、テオドゥル峠の東のアルプス主系に位置する。大部分は氷河に覆われ、主峰の東側に中ブライトホルン、東ブライトホルン、ブライトホルンツヴィリンゲ、ロッチャ・ネーラなど、いくつかの副峰がある。

アルプスの4000m級のなかでは、最も登りやすい山とされる。それは、ツェルマットから登山道の起点である3820m地点まで、クライン・マッターホルンのケーブルカーで行けるためである。

イタリア側(南側)の標準ルート(南南西)は、35度の雪の斜面を登るまで、氷河の高原が続く。しかし、慣れていない登山者が悪天候に遭遇すると、厳しい困難に直面する場合がある。

引用:Wikipedia

 

スイスとイタリアの間にあり、標高は富士山よりも標高が高い4164m

ブライトホルンには6つの公式ルートがあり、標高3883メートルのクライン・マッターホルン駅までケーブルカーで登り、そこから頂上を目指すタイプと、標高3029メートルのガンデック山小屋から頂上を目指すタイプの2つに分類できます。

所要時間はクライン・マッターホルンからは1.5~2時間、ガンデックからは6~8時間で、前者は日帰り登山も可能だそうです。

岩山がなく、氷河を歩くだけで登頂できるため「ヨーロッパの4000メートル級では最も簡単に登ることができる山」だとガイドらは口を揃えて言い、国際基準でも難易度は最も低く設定されています。

アルプス山脈の中では登りやすいことはわかりましたが、

登山に慣れていない初心者にとっては難易度は高そうです!

 

ブライトホルン登山のリスクは?

ブライトホルン登山参加者への留意事項
1.予想されるリスク
① 高度障害
② クレバスへの転落や、ルート上での転滑落
③ アイゼン、ピッケル使用技術の不慣れによる、捻挫や自傷事故
④ 雪盲や重度の日焼け
⑤ 体力不足や体調不良によるルート途中での行動不能
⑥ 装備のスペック不足による支障

2.必要とされるスキルとそれを得るための準備
① アイゼン、ピッケル(トレッキングポール)を用いた雪上歩行技術
② ガイドとアンザイレンしてのスムーズな行動
③ 登山装備の取り扱いへの慣れ、特にアイゼンやハーネスの着脱
④ 一定のスピードで長時間(と言っても Max1.5時間程度)歩く事への慣れ
⑤ 高所への順応

引用:www.world-view.co.jp/life/common/pdf/guidancenotes.pdf

 

4000mを超える山ですので、当然高山病などのリスクもあります。

また、

日本の雪山冬の八ヶ岳や木曽駒ケ岳や春の立山など、山小屋が利用できる山域で 1 泊 2 日か 2 泊 3 日程度のトレーニング山行を、可能ならば 2 回行うのが良いと思う。

とも書かれていたため、リスクを抑えるためにも多少は登山経験があった方がいいと思われます。





ブライトホルン登山での事故は?

ヨーロッパの中では、比較的登りやすいとされるブライトホルン。

過去に事故はあったのか調べた結果、

  • 20年前に、吹雪で8人の犠牲者が出た
  • 2016年には登山中の男女2人が滑落死する事故も起きている

との情報が出てきました。

ヨーロッパ全体からみると非常に件数は少ないそうです。

そうは言っても、少し怖く感じてしまういます。。。

土屋太鳳さんも無事に登られることを期待したいです!

 

土屋太鳳は登山経験者?

土屋太鳳は、今まで登山経験はないようです。

そのため、当初ネットなどでは苦言や心配の声、登山経験豊富のイモトにすべきでは?との声も多数あったとか。

ブライトホルンは登山経験者ではないと難しいことが分かったので、初心者である土屋太鳳さんは、頑張り屋さんなイメージもあるので確かに心配になります。

しかし日本体育大学に在籍しておりスポーツ神経万能ですので、何とか登りきってもらいたいですね!





まとめ

土屋太鳳さんが挑戦している、ブライトホルンの難易度や事故などについてまとめました。

登山、初心者の土屋太鳳さん。

ヨーロッパの中では比較的登りやすいと言われていても、大変かと思います。

しかし何とか頑張ってほしいですね!