話題

濱田岳は獨協高校ラグビー部!実力やポジションは?身長は低いが出来る?

 

9/8放送のTBS日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』第9話に濱田岳が出演します。

濱田岳はラガーマン役を自ら出演を志願し、出演することになったそうです。

濱田岳のラグビーの実力やポジション、身長が低くてもラグビーって出来るのか?まとめました。





濱田岳は独協高校ラグビー部!実力やポジションは?

濱田岳は独協中学・高校入学後、4年間ラグビー部に所属していました。

ポジションは、スクラムハーフだったそうです!

ノーサイドゲームでも、同じポジションで出演します。

実力については、情報が出てきませんでした。

しかし、役者活動を一時休止したほどラグビーに夢中になっていた時期もあったそうです。

また当時の獨協中学・高校は強豪校だったのか調べてみました。

当時の記録は出てきませんでしたが2018年時点では、国体県予選・関東大会共に2年連続ベスト8

埼玉県内には53校ラグビー部がある高校があります。

その中でベスト8ですから、全国大会への出場はないですが中々の強豪校と言えるでしょう。

更に濱田岳は公式サイトで特技欄にラグビーと書いています。

出身高校が中々強いチームでもあるため、濱田岳の実力は高いと推測出来ます。





身長が低くてもラグビー(スクラムハーフ)は出来る?

ラグビー選手というと、がっちりした体格の人が多いイメージがありませんか?

しかし、実はラグビーはどんな体格の人でも楽しめるスポーツとも言われています。

またスクラムハーフというポジションは、身長が低い方が有利ともされているようです。

スクラムハーフとは?

味方にパスを供給する役割。

ボールの動きに沿って走り、味方が捕まるとそこに駆けつけてパスアウト。これの繰り返し行う人のこと。

体が大きい人がやると、小回りが利かない、大柄な分消耗が激しく長時間プレーしづらいといったデメリットもあるそうです。

ラグビー日本代表の田中史朗さんも、なんと身長166cmです。

世界最高のスクラムハーフと呼ばれるアーロン・スミス選手も身長171㎝です。

下の写真は、チームメートとの写真です。

アーロン・スミス選手は一番左です。

他の選手と比べると、身長差がすごいですね。

濱田岳は身長160cmと言われているので、有利とされるスクラムハーフに選ばれたのかもしれませんね。





まとめ

濱田岳のラグビーの実力やポジション、ラグビーは身長が低くても出来るのかまとめました。

濱田岳はスクラムハーフというポジションで、実力は不明ですが高いのでは?と推測しました。

またスクラムハーフは身長が低くても出来るポジションなんですね。

ノーサイドゲームでの濱田岳のラグビープレー姿が楽しみです。