話題

【しゃべくり】せいや似のAC部メンバーは誰?板倉俊介で声も個性的!

8月19日、日テレの人気番組『しゃべくり007』の中で突如出てきた、ヘルシェイク矢野の高速紙芝居をしている2人組。

そもそもヘルシェイク矢野って?と思った方も多いと思いますが、

Twitterでは

霜降り明星のせいやに似てるけど、誰?

声がすごく個性的でいい!

など話題になっていました。

そこで、それらの疑問について今回はまとめました!





ヘルシェイク矢野とは?

ヘルシェイク矢野とは、大川ぶくぶ原作の漫画『ポプテピピック』の登場人物のことを言い、またはTVアニメ第7話のサブタイトルにもなってるようです!
上の画像が今噂のヘルシェイク矢野です!
なんだか、ロン毛でチャラそうだなと思ってしまいました(笑)
しかし、ポプテピピックを知らないといまいちぴんと来ないでしょう。
そこでアニメの中でどういう設定で誕生したのか、もう少し詳しく調べてみました。

元々は『矢野』という普通のバンドマンだった男が、他のバンドメンバーが遅延のためLIVEに遅れてしまうため、突如一人でステージに立ち、ギターで場を繋げることにまりました。しかしそのギターが高速過ぎてギターの弦が切れてしまう。

一人舞台、弦が切れるなど、まさにのような状況であったが、「弦のスペアがまだ5本ある」と、残った弦で演奏し観客を盛り上げた。その様子を見ていたマネージャーから、『ヤツは地獄を揺さぶっておる!ヘルをシェイクする男、ヘルシェイク矢野じゃ!』 と言われたのでした。

これがヘルシェイク矢野が誕生した瞬間です!

つまりヘルシェイク矢野は、ンドマンにとって大変な状況でも場を繋ぎ盛り上げることの出来る男のことだったのです。

なるほど!ロン毛でチャラそうと言ってしまいましたが、確かにバンドマンっぽいですね!

盛り上げることが出来るのは、期待が持てますね。

AC部とは?またメンバーは?

しゃべくり007で星野源が会いたい人といい出てきた男性2人組。

この2人のことをAC部といいます。

AC部とは、ヘルシェイク矢野の高速紙芝居をやっていた2人のいわばコンビ名のことを指すんですね!

AC部の詳細ついて調べてみました。

AC部(エーシーぶ)は、1999年に結成されたテレビ番組やCMを制作するユニット。

多摩美術大学出身安達亨(あだち とおる板倉俊介(いたくら しゅんすけ)、安藤真の3名で結成。在学中に安達と板倉が制作した「ユーロボーイズ」が、NHK『デジタル・スタジアム』デジスタ・アウォード2000年グランプリを受賞したのをきっかけに、本格的に活動を開始。現在、安藤はゲーム会社に就職しているため仕事として作品制作をしているのは安達・板倉の2人で活動中。

しかし現在は安達亨・板倉俊介の二名のみで活動中しております。

Wikipediaより

 

写真、左が板倉俊介さん、右側が安達亨さんです。

板倉さん一瞬どこかでみたことがあると思ったのですが、霜降り明星のせいやに似てません?!

板倉さんについてもう少し掘り下げていきたいと思います!

 

板倉俊介はせいやに似てる?

しゃべくり放送中にTwitterで、板倉俊介霜降り明星のせいやが似ていると話題になりました!
そこで画像を使い、比較していきたいと思います!
左:霜降り明星せいや、左:板倉俊介
たしかに、そっくりですね!!
個人的には、兄弟なんじゃないかというくらい似ていますね!





まとめ

ヘルシェイク矢野、AC部、それぞれについて、

また板倉俊介はせいやに似ているのか画像を使って比較してみました。

想像以上にそっくりすぎて、びっくりしました(笑)

一瞬、せいやが紙芝居をやってると思われた方の気持ちも分からなくないですね。

またAC部が作るヘルシェイク矢野の高速紙芝居は、絵や声のクオリティがとても高いとも言われています。

今後、AC部が一気に人気が出そうなので注目していきたいですね!