仕事

メガバンク5年目行員がぶっちゃける!女性銀行員の年収とは?!

銀行員と聞くとどのようなイメージを持ちますか?

給料が良さそうなイメージを持たれる方もいらっしゃると思います。

では実際はどうなのか某メガバンクで約5年間勤務した私が、自身の経験を元にお伝えしていきます。





職種によっても違う?

一般的に銀行では、総合職と一般職の2つの職種に分かれていることが多いです。

女性の場合、多くの人は一般職で入行することが多いでしょう。

職種の違いは扱う仕事内容の他にも、給料も全然違います

総合職の場合、年次が上がるにつれ給料も比較的上がりやすい傾向にありますが、残念ながら一般職はそうはいきません。

 

女性銀行員(一般職)の年収は?

では実際どれくらいなのか、女性銀行員の実態をお伝え致します。

 

基本給

1年目…約18万円

2年目…約19万円

3年目…約20万円

4年目…約20万円

5年目…約21万円

1~3年目までは、約1万円増加していますが、

4年目は5千円、5年目はなんとたったの千円のみの増加でした(笑)

千円なんて、ランチ一回したら終わるレベルです。

5年目にもなると、任せられる仕事量・責任感も増していきます。

更に各ポジションで推進担当やリーダーを任され取りまとめをする機会も、女性でもあります。

その上、年々増す目標、間違いが許されない精神的にも負担のかかる仕事のため、『もう少し増やしてほしい!』というのが多くの女性銀行員のぶっちゃけた意見です。

 

賞与

私が勤務していた銀行では、年2回支給されていました。

2回まとめた合計金額は以下の通りです。

1年目…約63万円

2年目…約90万円

3年目…約102万円

4年目…約104万円

5年目…約112万円

 

2~3年目、4~5年目は一見上がってるように見えます。

しかし1回の支給で考えると、3万円程度のためそこまで大幅に上がっていきません。

賞与に関しては、支店の業績評価により左右されます。

もちろん個人評価も加味されてきますが、そこまで大きく影響しません。

良く言えば、安定している。

悪く言えば、個人として頑張ってももらえる給料としてはそこまで評価はしてもらえない。

どんなに目標を頑張って達成しても、大したアップもないためやる気も損なわれますね。

 

年収

1年目…約250万円

2年目…約380万円

3年目…約400万円

4年目…410万円

5年目…算出前のため不明

転職サイトの求人などと比較してみても、一般職としてはそこそこもらっている気がします。

しかし繰り返しますが仕事量や精神的負担から考えると決して高くはないというのが、女性銀行員のぶっちゃけた本音です。

 

昇給やキャリアは?

ここまで読んで頂いて、緩やかに昇給していること、世間的には比較的貰えていることが分かりました。

ここからは5年目以降の昇給やキャリアについて、周りの先輩たちから聞いた話を元にお伝えしていきます。

 

このままのペースで昇給してくの?

結論から言うと、5年目以降は昇格をしないと年収は上がっていきません。

5年目までを見ても一般職の女性銀行員の場合、そこまで大幅に給料や年収が上がっていません。

5年目以降は、更に昇給幅が小さくなります

そのため昇格をしなければ5年目以降も、約410~500万円くらいの年収が続きます。

任される仕事や責任感は増えていく中で、大きく昇給出来る方法はないのでしょうか?

役付者に昇格すれば、可能です!

 

役付者に昇格するには?

女性銀行員が年収を上げるためには、役付者に昇格することが必要だと分かりました。

ではどうしたら役付者になれるのか、ざっくりとした流れは以下の通りです。

一般職で入行→経験を積む→一般職の中で昇格→リーダーポジションとなる→総合職へ昇格→役付者に!

役付者になるには早い人で8年目、平均的には10~15年目の方が多いです。

女性でも昇格すれば一気に年収は跳ね上がり、噂によると約650~750万円くらいは貰っているそうです。

また役付者の中でも更に昇格していけば、更に年収も上がっていくため女性でもかなりの金額が見込めます。





まとめ

女性銀行員のリアルな年収についてお伝え致しましたが、いかがでしたか?

メガバンクで勤務していた私の経験を元にお伝えしたため、地銀や信金の場合は多少の違いはあるかもしれません。

しかし仕事量や責任感は年々増加していっても、昇格をしないと大幅に年収が増えないのが女性銀行員の現実であることは一緒だと思います。

中々厳しい経営状況が続く銀行ですが、一人でも多くの女性銀行員が給与体系に満足できるような働き方が実現してほしいです。